Evening Primerose

eveprimrose.jpg
eveprimrose.jpg

Evening Primerose

12.00

Evening Primrose
学名:Oenothera biennis
科名:アカバナ科
和名:月見草(メマツヨイグサ)
抽出部位:種子
抽出方法:低温圧搾法
産地:オーストラリア

治療特性:エストロゲン様作用、コレステロール低下作用、皮膚組成再生作用、神経調整作用、

夕暮れ時に数分開花し、一晩中〜翌朝まで咲き続ける黄色い月見草の花は、『王様の万能薬』という異名を持ち、北アメリカの先住民はこれを傷の手当などによく利用していました。イブニングプリムローズ油は、リノール酸の含有率が最も高く、ガンマリノレン酸も含む、健康面、美容面、の両方に優れた特性を持ちます。ガンマリノレン酸は、細胞膜の代謝作用を活発にし、免疫力を向上させ、アトピー性皮膚炎やアレルギー反応を鎮めて、老化肌やひび割れなどの肌荒れを滑らかにする効果が期待できます。

また、組成成分のリノール酸には、女性ホルモンのバランスを間接的に調整する働きがあり、PMS、月経痛、更年期障害などにも有効です。月見草オイルは外用として使用するのはもちろんのこと、特有の香りがある為に、肌に塗布して使用するよりも、カプセル剤などで内服する方が手軽で便利です。

ただしカプセルで内服する場合は摂取量、その他摂取しているお薬に気を付けて下さい。

組成成分:リノール酸70%

     ガンマリノレン酸10%

     パルミチン酸4〜8%

     オレイン酸

     ステアリン酸

Add To Cart