Jasmine Absolute

Jasmine Absolute.jpg
Jasmine Absolute.jpg

Jasmine Absolute

46.00

Latin Name: Jasminum grandiflorum
Country of origin: Egypt
科名:モクセイ科
抽出部位:花
抽出方法:溶剤抽出法
作用:抗うつ、催淫、催眠、自律神経調整、ホルモンバランス調整、血圧降下、子宮強壮、鎮痙、鎮静、通経、分娩促進、皮膚軟化、 

こんな時におすすめ

   甘いお花の香りの、女性らしい香水を作りたいとき
   ホルモンインバランスから起こる、出産後のマタニティーブルーに
   落ち込んだ気持ちや深い悲しみを和らげたいときに
   皮膚弾力作用の特性から、美肌作りに

『花の精油の王』として人を陶酔させるような甘美な香り

アラビア語のヤスミンが語源で、小さくても濃厚な香りを放つ白い花は、甘くエキゾチックな香りで、古来より多くの人々が癒されてきました。つぼみは愛の花として結婚式の際、髪に編み込んだり,花冠にしたりと、特別な日の儀式として使用されてきました。精油は花からのみ抽出され、大量の花を必要とするので、ローズ同様、高価なオイルとなります。

体への作用:通経作用があり、妊婦さんの分娩期に心強い精油となります。子宮収縮作用があるので分娩期に子宮の収縮を強め、分娩を促し、苦痛を和らげるといった効果がありあます。分娩期に入ってから使用し始め、特に陣痛がはじまったらジャスミン精油をお部屋に香らせてみましょう。呼吸を鎮め、陣痛のリズムを整えてくれるでしょう。また産後のマタニティーブルーといった、訳もなく涙が出てくる、気分が優れない、などの症状も和らげる働きがあります。授乳中は体に使用せず、お部屋の芳香浴として使用してください。また月経痛が激しい、月経痛、月経過多などの症状にもホルモンバランスを整え、正常に働きかけてくれます。

心への作用:ジャスミン精油は脳内のセロトニン分泌を促す、と言われおり、安らぎを与え、興奮激情、緊張、不安、といった感情を優しく包み込み、安定をもたらしてくれます。特に産後はホルモンのバランスが不安定になりやすく、感情も傾きがちになります。芳香浴でお部屋に香らせておくとよいでしょう。また閉経前後の不快な症状にも効果があります。 

お肌への作用:成熟肌や乾燥肌の方に最適です。皮膚をやわらかくする作用もあるので、アプリコットカーネルなどの植物油に希釈してフェイシャルマッサージとして使用してみてください。また臨月時の妊娠線予防にもおすすめです。

    通経作用がありますので妊娠前期、中期、後期のご使用を避けてください。

*月経痛などホルモンインバランスの症状の場合は、妊娠していないかを確かめて使用してください。

*催眠作用がありますので、車の運転前に使用する時も注意が必要です。

Quantity:
Add To Cart