Lavender France

Lavendar France.jpg
Lavendar France.jpg

Lavender France

20.00

Latin name: Lavendula officinalis
Country of origin: France

科名:シソ科
抽出部位:花
抽出方法:水蒸気蒸留法
作用:鎮静、精神安定、抗うつ、殺菌、抗痙攣、抗菌、抗真菌、駆風、瘢痕形成、デオドラント、利尿、細胞成長促進、 

こんな時におすすめ

   リラックスし、安眠効果を高めたいとき
   パニックなどの気持ちを落ち着かせたいとき
   自律神経のバランスを整えて、気分を安定させたいとき
   頭痛、偏頭痛の時(髪の毛の生え際に、1滴を数カ所塗布してみましょう)

フローラル調でやさしく包み込むような香り

フランス、アルプス地方産のラベンダーはアロマセラピスト、マッサージセラピストから好まれる優しい香りです。標高の高いフランスのアルプス高原で育成、栽培されたラベンダーから抽出されたオイルです。標高の高い地域では害虫が少なくなり、ラベンダーの中に含まれている昆虫忌避作用のあるカンファー臭が少なくなり、フローラル調の香りがメインとなります。心を穏やかにしてくれる香りのもととなる酢酸リナリル、リナリル分の割合が高くなり、一層穏やかで心地よい香りがするのです。ラベンダーに比べて精神的な症状に効果があります。 

体への作用:ラベンダーアングスティフォリアと同様、体に対していろいろな効果が期待できる精油です。自律神経調節の働きがあるので心身をリラックスさせ、不眠症の方の心身の緊張を解きほぐし、高血圧や心拍を落ち着かせて深い眠りへと誘います。就寝前にぬるめのお風呂に入れたり、寝室に芳香浴で使用してみましょう。スィートマジョラムや、カモマイル、ジャスミン精油とブレンドをするのもおすすめです。

心への作用:副交感神経を優位に働かせ、自律神経のバランスを整え、不安定な感情を穏やかに落ち着かせます。ラベンダーの主成分である酢酸リナリル、リナロールは脳内のセロトニン分泌を促し、安らぎや安心感へと導き、うつや躁鬱症の様な様々な精神状態をも和らげる効果があります。(興奮、激情、緊張、不安、恐怖などの解消)精神的に落ち込んだり、ネガティブな考えになる場合はベルガモットやオレンジなどの柑橘系とブレンドすると幸福感を与えてくれ、調和がとれたたブレンドになります。

お肌への作用:夏の日に受けたサンダメージの修復として、化粧水スプレーを作るのも効果的です。その他、考え事がまとまらず、肩こり、頭痛、偏頭痛を引き起こす場合は原液1滴を指にとり、こめかみ、耳の後ろに塗布してみてください。この方法は外出先でも簡単に利用することができるでしょう。

Quantity:
Add To Cart