Rose otto

Rose Otto.jpg
Rose Otto.jpg

Rose otto

98.00

Latin Name: Rosa damascena

Country of origin: Bulgaria

科名:バラ科

抽出部位:花びら

抽出方法:水蒸気蒸留法

作用:収れん、皮膚強壮、瘢痕形成、強壮、皮膚組織再生、鎮静、通経、


こんな時におすすめです

   他人や自分を悲観したり、マイナス感情を解放したいとき

   PMS(月経前緊張症)を鎮めたり、月経周期を正常化したいとき

*  全ての肌質タイプ、特に老化肌が気になりだした時のフェイシャルマッサージとして

 

華やかでバラらしく、古来より人々を魅了し続けて来た香りとエッセンス
ローズの起源は、世界最古の文献といわれる古代バビロニアの文学作品『ギルガメッシュ叙事詩』に記述が残されている事から、紀元前2600年頃にまでさかのぼると考えられています。『香りの女王』とも呼ばれるローズの美しく優雅な香りは何世紀にも渡って人々を魅了し続けてきました。ローズオットーの精油は『香りの女王』にふさわしく、濃厚で甘く、うっとりとしてしまうほど、優雅でフローラルな芳香を放ちます。

 

体への作用:特に女性性に働きかける代表的な精油ですので、婦人科系のあらゆる問題に作用し、子宮機能を高めて月経トラブルを改善してくれる働きがあります。女性ホルモンの働きを活性化し、PMSを鎮めたり、更年期障害、月経周期を正常化するのにも有効です。また血液の循環を活発にし、心臓を強化する働きや、肝臓を強化する働きもあります。


心への作用:精神面においては、深い悲しみ、絶望感、恨み、嫉妬、などあらゆるネガティブな感情を和らげ、自信喪失したときにも、ローズオットーの香りは優しく包み込んで支えてくれるでしょう。ストレスや極度の緊張感をも解きほぐし、精神的な安定感をもたらしてくれます。甘く、フローラルな香りは、言葉で慰められるよりも、人々を癒す効果があるのかも知れません。自分自信に自信が持てない方、極度の不安症な方は、ハンカチに精油を1滴たらして身につけておくと良いでしょう。


お肌への作用:全ての肌質タイプに美容効果を発揮する精油で、アンチエイジンブに優れています。特に小じわが気になる方、乾燥肌の方におすすめです。また炎症を鎮める効果や、毛細血管を目立たなくするのに使用すると良いでしょう。原液では使用せずに必ずホホバオイルに希釈して使用してください。

 

*女性ホルモン様作用があり、月経を促進する働きがありますので、妊娠したい方、妊娠中の方は使用を避けてください。

Quantity:
Add To Cart